鳴き続ける蜩のように


by Lav2P

Winter Song

ダバオのアサワですので以後DAと書きます、しつこくなりますから。
「イカウラッキーなぁ愛しているから騙さないよ」頭の良さは私の知っている限り1番です。年齢を重ねる程に成長します。店働いている時は彼女の周りだけ色が違います。始めて逢ったときは金色(スイマセンホントにそう感じたのです)でした。次ぎ赤(イタリアンレッド)次ぎがブルーです。かなりの存在感で、女を演じます。プラベートのときは黄色~オレンジで、ほとんどが少年のようで、ほんの少し女です。
お店で指名している人たちは女としてのDAしか知らないのかな、でも同伴もしているし。そんな風に考えて聞いたことがあります。「店以外で私は彼方と居る時だけ女」そのような意味のことを言いました。「メンドクサイジャン」DAの口癖です。DAの仕事ぶりと全ての行動が間違いなくその言葉を裏付けています。コイツだなぁ。矛盾していますが、無神論者の私に神様が与えてくれた女は。と、そのとき想いました。
彼女はシンガーだったのでいろんな歌を知っています。彼女の声のフアンです。惚れてますますから照れますが天使の声に聞こえます。でも、でもなんです。彼女が休みの時に彼女と同じプロモーションの友達がいるお店に遊びに行きました。「クヤ シャー ハ プロモーションでエンジェルボイスってニックネームだよ」ね、ね、ねです。でもDAはあまり真面目に歌ってはいなかったのです。ショータイムでもです。マイクなんて動かすところなんて見たことありません。その店で初めて見ました、聞きました。DAが真面目に歌うところを。もっとビックリしました。そして「何で?」の答えは「メンドクサイジャン」
[PR]
by lav2p | 2004-09-21 09:12