鳴き続ける蜩のように


by Lav2P

aishitemasu

お前答えはいつも「フフ~ン」だね。

携帯の着信音にしたいからさー録音しようよ、可愛いし楽しいジャン。
胸と尻だけが大きくて小さな手がいつも暖かい。すこしつりあがった目がいつも大きい。真っ直ぐ見ると完璧な縦長三角型の鼻、すぐに尖がるすこし厚めの唇、好きだな~。
おじいちゃんがインド人で、日本3回目で、23歳って言ってるけど、17歳で来たから本当は20歳ね。

「愛してる?」「フフ~ン」
「ヤリタイんだけど」「フフ~ン」
            
マンゴジュースとチーズカマボコとビールが好きだよね。アナタノタメニダイエットシテルダヨ。何で?オシエナイ。今度は僕が言う「フフ~ン」

 AM3:10 ima immigration bahay itta

JALチケットアルヨアシタダッテ「プソはイカウだけ、でもティティは馬鹿だからイイですか?」フフ~ンダメ!

イカウデブキライデショ、ワタシノコトキライニナルデショ「嫌いになりたいし忘れたいんだけど」
ワスレナクテイイ、キライニナラナクテイイ「だって愛してないでしょ」
 
 PM4:12 aishitemasu

涙が出た。

AM10:27 ima hikoki no nakadesu zetai paru-paro damene aishiteruyo

このまま思い出になってしまう方が僕にとっても彼女にとっても良い筈で、フィリピンで彼女に会う事は相当な準備と努力がいる。そしてそれに伴う軋轢は大きい。
自分勝手な論理でバランスを保った全てが崩れる。

でも 逢いたい。
[PR]
by lav2p | 2005-11-12 02:48