鳴き続ける蜩のように


by Lav2P

para sa akin

大き目のサングラスよく似合ってるね。とても素敵です。形よく盛り上がった胸は滑らかですね。
ジーンズは先週僕が選んだ細めのダメージ。小柄な貴女は僕の手のひらの中に包めそうに見えるけど、決してそんな柔じゃない。

春先の雰囲気が感じられる今日の午後、君に頼まれた簡単なお仕事を二人でやりながら、小さな我侭を言っちゃって。

 ミニストップでダイエットコークとタバコ買ってきてくれる。

いろいろ入っているこのパイは手作りで、始めた食べた手作りお菓子。美味しいです。

 5個全部食べちゃっていいですか?

写真を選んで、レイアウトを決めて、プリントは5枚。誕生日の写真は、色とりどりのバルーン、君だけ特別な色彩を放つ。

桜が満開になるのは、来週。バスを待つ君の横で僕は、桜を見てる。君はウインディ僕のウエンディ。風はまだ寒いね。

アリガトウ 君が言う。

パラサヨだからさ。。。。でも本当はパラサアキン ehe
[PR]
by lav2p | 2008-03-28 22:55 | 独り言